環境都市部門 環境制御工学

研究名称:
1.廃棄物焼却残渣の適正な埋立て処分に関する研究
キーワード:
循環資源化「ジュンカンシゲンカ」、 廃棄物焼却残渣「ハイキブツショウキャクザンサ」、風化現象「フウカゲンショウ」、腐植物質「フショクブッシツ」
研究概要:
 埋立処分された廃棄物焼却残渣の早期安定化、有効利用促進のためには、 焼却残渣に含有される重金属等の有害物質を無害化させることが不可欠である。本研究では、 (1)焼却残渣の風化現象を解明するため、焼却残渣の鏡下での観察や、各種の溶出試験等より有害物質の 挙動解明を試みている。また、(2)重金属等の不溶化を促進するための技術として、 炭酸化や風化の促進 (焼却残渣に湿潤・乾燥状態を繰り返し与える手法等)を検討している。また、(3) 焼却残渣中の未燃分の 腐植化を調べ、腐植物質と重金属との相互関係を明らかにすることで、埋立地からの重金属の溶出メカニズム の解明等に関する研究を行っている。
図:
偏光顕微鏡による焼却残渣の観察写真

next>